トップ > 子どもへの職業教育 > 13歳のハローワーク

13歳のハローワーク

「13歳のハローワーク」という本が、少し前に話題になりました。
子どもの職業教育とは、いつ頃から始めれば良いものなのでしょうか?
フリーターが増え、「ニート」と呼ばれる人たちの割合も増加傾向にあるなかで、子どもへの職業教育、職業へのあり方や職業選びに対する考え方が今注目を集めています。

「13歳のハローワーク」というのは、子ども向けの職業教育を目的とした村上龍氏の良く知られた作品です。
この本には、一般的な職業からあまり知られていないやや特殊な職業まで、さまざまな職業について、仕事内容の紹介や、その職業に就くための職業選びの方法などが書かれています。
「13歳のハローワーク」の公式サイトでは、職業検索機能を使うことができます。
紹介されている職業は、「スポーツと遊びに関する職業」や、「旅と外国に関する職業」などのジャンルに分けられていますが、特に好きなことがないという場合のための「特別編」も用意されています。

「13歳のハローワーク」の公式サイトは2005年の10月に始まったもので、子どもの職業選びは、まだ新しい試みと言うことができるかもしれません。
今後はさらにコンテンツが充実する見込みで、子どものためだけでなく、教育者や親のためのフォーラムの開設なども予定されているようです。
実際、この「13歳のハローワーク」のwebサイトは、他とは違う温かさを感じさせるホームページになっています。(http://www.13hw.com/)

高速バス検索・予約

この記事のカテゴリーは「子どもへの職業教育」です。
子どもたちが職業に就きたいと考え始める時期には個人差があるようです。職業を選び、就くにはどうすればいいのかといったことを子どもに職業教育をするにはいつ頃がよいのでしょうか?
関連記事

子どもの職業選びについて

子どもの職業選びについて職業教育のあり方が注目されるようになったきっかけの一つに、将来の職業選びについて紹介する「13歳のハローワーク」という本を挙げることができます。

「13歳のハローワーク」公式Webサイト

13歳のハローワーク」という公式Webサイトが話題になったのは村上龍氏のベストセラーとなった「13歳のハローワーク」によるものです。

子どもへの職業教育のあり方

子どもへの職業教育のあり方や職業選びが見直されるようになり、職業選びを教える時期というのは個人差がある子どもたちにとっていつ頃が適当なのでしょうか。

13歳のハローワーク

「13歳のハローワーク」というのは子どもへの職業教育を目的とした本で、また公式サイト「13歳のハローワーク」は子どもの職業選びを考える新しい試みといえるでしょう。