トップ > 子どもへの職業教育 > 「13歳のハローワーク」公式Webサイト

「13歳のハローワーク」公式Webサイト

「13歳のハローワーク」がベストセラーとなって以来、「自分の好きなことを職業にしたい」という考え方が広まりつつあるようです。
子どもたちが、具体的な「職業」に就きたいと考え始める時期には、かなりの個人差があるものです。
仕事に対する考えが、早くから目標が決まっている子もいれば、いくつになっても決められないというケースもあります。

13歳のハローワーク」という本が少し前に話題になったのをごぞんじですか?
この言葉が広まったのはベストセラーとなった「13歳のハローワーク」の著者、村上龍氏の手によるものです。
「・・が好きな人」にはどんな職業が向いているか?という切り口から、世の中のさまざまな職業について、仕事の内容や、どうやったらその職業に就くことができるかなどを紹介しています。

「13歳のハローワーク」の公式Webサイトでは、単なる求人情報のようなものではなく、自由な切り口で職業を検索することができます。13歳のハローワーク子どもへの職業教育のあり方にあるように、子どもの職業選びは、まだ新しい試みなのかもしれません。

子どもたちが、押しつけられたものでなく、自由な考えを持ち、自らの判断で社会に興味を持てることで進むべき道が見えてくればいいと思います。

「13歳のハローワーク」のサイトでは、職業はそれぞれ、自然と科学に関するもの、アートと表現に関するもの、スポーツと遊びに関すること、生活と社会に関するもの・・といった具合にジャンル分けされ、どこから見て行ってもいいような楽しい作りになっています。


就業形態が多様化している現代の社会のなかで、職業に対する考え方や意識も、次第に変化していくものだということができるかもしれません。

高速バス検索・予約

この記事のカテゴリーは「子どもへの職業教育」です。
子どもたちが職業に就きたいと考え始める時期には個人差があるようです。職業を選び、就くにはどうすればいいのかといったことを子どもに職業教育をするにはいつ頃がよいのでしょうか?
関連記事

子どもの職業選びについて

子どもの職業選びについて職業教育のあり方が注目されるようになったきっかけの一つに、将来の職業選びについて紹介する「13歳のハローワーク」という本を挙げることができます。

「13歳のハローワーク」公式Webサイト

13歳のハローワーク」という公式Webサイトが話題になったのは村上龍氏のベストセラーとなった「13歳のハローワーク」によるものです。

子どもへの職業教育のあり方

子どもへの職業教育のあり方や職業選びが見直されるようになり、職業選びを教える時期というのは個人差がある子どもたちにとっていつ頃が適当なのでしょうか。

13歳のハローワーク

「13歳のハローワーク」というのは子どもへの職業教育を目的とした本で、また公式サイト「13歳のハローワーク」は子どもの職業選びを考える新しい試みといえるでしょう。