トップ > 子どもへの職業教育 > 子どもへの職業教育のあり方

子どもへの職業教育のあり方

子どもへの職業教育のあり方が注目されるようになったきっかけの一つに、「13歳のハローワーク」という本を挙げることができます。
世の中にはどのような職業があり、どうすればその職業に就くことができるのか・・といった職業選びを子どもに教える時期は、いつ頃が適当なのでしょうか?

村上龍氏による「13歳のハローワーク」は、子ども向けにいろいろな職業を紹介する「仕事の百科事典」とでも呼ぶべき本で、発売以来多くの人々に読まれるベストセラーとなりました。
この本は、各地の小中学校や高校などでも職業教育の教材として、取り上げられています。

「13歳のハローワーク」には、インターネットの公式サイトもあります。
公式サイトでは、自分の好きなことや実際の職業名などから職業を探すことができる検索機能を利用することができます。その他に、特集や村上龍氏のインタビューなど職業選びに関する、いろいろなコンテンツを見ることができます。

「13歳のハローワーク」の公式Webサイトは、携帯版サイトのサービス開始や、メッセージ機能、動画コンテンツの追加なども予定されており、これからまだまだサービスが広がっていくことが見込まれています。
そして、「13歳のハローワーク」では、誰もがなりたいと願うような憧れの職業からはじまって、誰も知らないようなマニアックな職業選びまで幅広く紹介されています。
また、大人向けの職業のコンテンツも企画されているようです。

高速バス検索・予約

この記事のカテゴリーは「子どもへの職業教育」です。
子どもたちが職業に就きたいと考え始める時期には個人差があるようです。職業を選び、就くにはどうすればいいのかといったことを子どもに職業教育をするにはいつ頃がよいのでしょうか?
関連記事

子どもの職業選びについて

子どもの職業選びについて職業教育のあり方が注目されるようになったきっかけの一つに、将来の職業選びについて紹介する「13歳のハローワーク」という本を挙げることができます。

「13歳のハローワーク」公式Webサイト

13歳のハローワーク」という公式Webサイトが話題になったのは村上龍氏のベストセラーとなった「13歳のハローワーク」によるものです。

子どもへの職業教育のあり方

子どもへの職業教育のあり方や職業選びが見直されるようになり、職業選びを教える時期というのは個人差がある子どもたちにとっていつ頃が適当なのでしょうか。

13歳のハローワーク

「13歳のハローワーク」というのは子どもへの職業教育を目的とした本で、また公式サイト「13歳のハローワーク」は子どもの職業選びを考える新しい試みといえるでしょう。