トップ > 子どもへの職業教育 > 子どもの職業選びについて

子どもの職業選びについて

子どもの職業選びについて職業教育のあり方が注目されるようになったきっかけの一つに、「13歳のハローワーク」という本を挙げることができます。
世の中にはどのような職業があり、どうすればその職業に就くことができるのか・・といった職業選びを子どもに教える時期は、いつ頃が適当なのでしょうか?
例え基準というものあったとしてもそれは、それぞれの子供たちによって皆違うものです。

以前、幻冬社から発売されて大きな話題となった「13歳のハローワーク」という本は、村上龍氏の作品です。小中学校や高校生の子どもたちへの職業教育に取り上げられているようです。
この本は、子どもたちが自分の大好きなことを職業にできたら・・という願いから、さまざまな職業について、それがどんな仕事でどうやったらなれるのかという将来の職業選びについて紹介するものです。

「13歳のハローワーク」のインターネット公式サイトというのもあります。
このサイトでは、自分の好きなことから始まり、そこから職業を検索することが可能です。「好きなこと」の例には、「花や植物」「音楽」「文章」「旅行」といった分野のものから、「心のことを考える」「ケンカ」「賭け事や勝負事」などというようなものまであります。

「13歳のハローワーク」では、誰もがなりたいと願うような憧れの職業から、ほとんど誰も知らないようなマニアックな職業選びまで幅広く取り上げられているのが特徴的です。
それぞれの子どもの個性に合わせた職業教育のあり方という面が問われるようになったといえるのかもしれません。

高速バス検索・予約

この記事のカテゴリーは「子どもへの職業教育」です。
子どもたちが職業に就きたいと考え始める時期には個人差があるようです。職業を選び、就くにはどうすればいいのかといったことを子どもに職業教育をするにはいつ頃がよいのでしょうか?
関連記事

子どもの職業選びについて

子どもの職業選びについて職業教育のあり方が注目されるようになったきっかけの一つに、将来の職業選びについて紹介する「13歳のハローワーク」という本を挙げることができます。

「13歳のハローワーク」公式Webサイト

13歳のハローワーク」という公式Webサイトが話題になったのは村上龍氏のベストセラーとなった「13歳のハローワーク」によるものです。

子どもへの職業教育のあり方

子どもへの職業教育のあり方や職業選びが見直されるようになり、職業選びを教える時期というのは個人差がある子どもたちにとっていつ頃が適当なのでしょうか。

13歳のハローワーク

「13歳のハローワーク」というのは子どもへの職業教育を目的とした本で、また公式サイト「13歳のハローワーク」は子どもの職業選びを考える新しい試みといえるでしょう。